--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー結婚式してきました!その2

2016年01月04日 11:00

その1の続きです。その1はこちらからどうぞ。

ページのエラーによって、一度書いた記事が台無しになったあとなのでちょっと
何書いたか思い出しながら作業しています・・・。(すごく悲しい)

えーと、2回目の打ち合わせの話でしたよね!2回目は、式の3ヶ月前にあたる9月に行いました。

このときに決めた内容は、料理・デザート決め、ケーキ決め、装花とブーケの相談、テーブルアイテム決め。
ここで仮の見積もりがドーーーーーンと出ます。


まずはケーキや料理の決定。

デザート、ミッキーやミニーモチーフのものから、プリンセスモチーフ、ミラコスタのゴンドラのデザインのものまで。
チョコランプかゴンドラかすごく迷いました・・・!


ウェディングケーキ!
プリンセスモチーフか、インパクト重視か、ザ・ウェディングケーキって感じのものにするか
すんごいギリギリまで悩みましたね・・。
結局インパクト重視にしましたwww 写真は当日の記事に載せますね~!

写真・アルバムの打ち合わせ。
私たちは、当日の朝に前撮り(フォトグラフィア・イン・メディテレニアンハーバー:以降FMH)があったので
そのルートの確認とアルバムの確認も兼ねての相談でした。

FMHは、当日の朝 開園前のシー内、ハーバーの回りを一周しての撮影プランで、結婚式の半年前からの電話予約となります。
ランドでも前撮りのプランがあるみたいです。こちらも同じように電話予約になるのかしら。
これは、パークを貸し切った常態での撮影で、カメラマン・当日担当アテンド・衣装室の方2名・撮影スタッフ1名が付いて回ってくれるオプションプランです。
因みに、これを式とは別に予約する形になると、衣装のレンタル代などが再度掛かってくるため、値段が倍になってきます(ヒィィ)
元々の金額が大体30万くらいなんですが、別日に行うと撮影だけで60万くらいになっちゃうんですorz

予約に必死でした・・予約開始の日は早起きして、電話対応開始の10時ピッタリに電話をかけて
予約をとるというGWを過ごしました。仮押さえができたときはガッツポーズでした~(笑)
☆FMHについてはこちらからチェック☆


続いては、披露宴中などの撮影オプションの相談。

写真・ビデオは挙式からの通しか、部分的にお願いすることができました。
私たちは、挙式部分とミッキー&ミニーとのグリーティングの部分のみのビデオ撮影に。
写真撮影は通しで撮っていただきました。前撮りから披露宴終了まで同じカメラマンさんでした。


ビデオのデータは編集済みのもので、ブルーレイ・DVDの2種類から選べます。
写真のデータも、全ていただくことも可能ですし、不要ならアルバムだけでも十分かと。

アルバムは2種類のタイプから選ぶことが出来ます。

デジタル出力タイプのアルバムと、アナログタイプのアルバムの2つ。

デジタルだと、特殊な紙に直接印刷してあり、色褪せない、触っても指紋が付かない、汚れないタイプ。
アナログは、従来の写真用紙にプリントされた紙に、厚紙の枠をかぶせて、ザ写真って感じです。(光沢があり触ると汚れる)
これは完全に好みによると思います。私たちはアナログタイプにしました。

☆テーブルアイテムの相談
受付におく物や、テーブルの上におく物の相談。

私たちは、見学会でみたものが気に入っていたので、ほぼ即決でした(笑)
ウェルカムミラーとメモスタンドを注文。ミラーは名前をいれてくれるので、この時点で注文しないと、間に合わないそう。

ぬいぐるみも、パークで売っているものより少し大きく、値段もなかなかでした。
が、私たちは思い入れのあるぬいぐるみや写真を受付におきたかったので購入せず。
衣装もここでしか手に入らないオリジナルのドレスとタキシードで、すごく可愛かったです♪

☆装花やブーケ
テーブル装花は、いろんなタイプがありました。
高さのあるタイプから、高さのないお皿に盛られたタイプまで。いろいろ。
色も豊富で、沢山の見本データを見せていただきました。
好きな色の雰囲気や、ケーキにあう色、いろいろお話をしていき決めていきます。

ブーケも同じように金額もピンきりで、サイズやお花の量、形も豊富でした。
パっと見てかわいいなぁと思っても、持ったときを想像すると違ったり、実際のサイズがわからないので
どんな感じなんだろうなぁ、足の長さはどんな感じだろうと悩みました。

あとは、会場の席きめの用紙の記入の仕方などの説明を受け3回目の打ち合わせのときに必要な書類をいただきました。


私たちの場合、人数がギリギリ少なく、テーブル数が3つのため
来賓となる親族(伯父・伯母)とお互いが全く面識がなく これはちょっと盛り上がらないぞ!ということで
メインテーブル兼両親・兄弟で1、旦那親族1、私親族1という3テーブルで対応していただきました。
本来は来賓が上座ですが、今回はお互いの両親が親族へ事情を説明してくれたお陰もあり、この配置が成立しました。

ほかは、宿泊者リストアップ(最終確認で部屋割り)、朝食の予約変更の有無の確認、司会者へのヒヤリングシートのお渡し。
そんなこんなでかかった時間は大体5時間弱だったかな・・?

終わりがけに頂いた仮の見積書の金額がとんでもなくて、ちょっと軽いゆううつな常態でインして楽しんできました(笑)

 ・
 ・
 ・

まぁこんな金額お目にかかれないから・・。※ここから色々減らしたのは言うまでもない。おかえり現実よ

そんで

3回目は10月!(挙式の1ヶ月前) 入籍を10月の13日に控えていたので、本来4週間前のところを
少し早めにズラしていただいて、早めの打ち合わせとなりました。

ここでは最終確認が殆どだったので、そんなに時間は掛かりませんでした。
大体1時間~1時間半くらいだったかな?ここまでかかったかな?
先ほどの見積もりをみて、どこをどう変更して金額を減らすか!!!ってすごく電卓を打って挑みましたw
当日持ってくる物の確認や、何時に集合だとか、最終見積もりの用紙の送り先だとか・・・

しかも、このとき 運が悪くも私はその数日前にぎっくり腰をやってしまい すごい大変でした。
フィッティングとかなくてよかった・・・・。けど、インしたかったなぁ・・・。
担当さんと「来月じゃなくてよかったですよー!」なんて笑ってましたが、本当にその通りだったと思います;辛かった・・。

ここまでの間に、担当さんから確認の電話でのやりとりが何度かありましたが
最低限というか、本当に容量よくテキパキお仕事されててプロだなぁと感じました。

代金の振込みは、挙式の2週間前。
義家族の皆様や親族の方、ご近所の方からのお祝いがあってこそ出来た式だと思います。


そして次は、迎える11月13日、挙式当日~♪


つづきま~す。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。